日本で外国人がお金を借りるために必要なこととは

まず最初に一言申し上げたいのは、外国人でも、外国籍の人でも日本でお金を借りることは可能ということです。日本国籍を持っていないからといって、日本でお金を借りることはできないと諦めてしまう人がいます。

 

しかし最近は外国籍であっても、キャッシング・カードローンなどを利用してお金を借りるサービスが増えてきています。ただし、日本国籍を持っている場合と違って、若干の申込みや審査基準の違いがある点に注意しなければなりません。

 

利用する場所で変わってきますが、銀行と消費者金融を例に上げてみます。銀行の場合ですが、銀行カードローンを利用したい場合、基本的に「永住許可を受けている」必要性があります。必要なのは「特別永住者証明書」や「在留カード」などです。申込み審査を受ける予定の銀行で若干変わってくるので、その都度調べてみると良いでしょう。

 

この最低基準をクリアしている場合に限って、所定の銀行のカードローンを利用することができます。銀行でお金を借りるケースと違い、消費者金融の場合は非常に審査が緩いです。必要書類などとは別に、安定した収入があるかどうか、一定した日本語能力を持っていて契約内容を理解できるかどうかなども関わってくることがあります。

 

もちろんこれは絶対というわけではないので、消費者金融先によって審査基準は変化します。中には収入が少ない場合でも、配偶者が日本国籍の男性であるとすんなりと審査が通ったり、入出国の頻度が高い場合は審査が通りやすかったりと様々な形で、お金を借りることができた方も多くいます。