18~19歳はキャッシングできるの?

キャッシングに申し込みをする際、絶対に必要になるのが20歳以上との成人済みである年齢と、身分証明書類です。
原則、20歳以上でなければキャッシング申し込みができません。

 

18~19歳は不可能なのです。
20歳以上であれば学生でもフリーターでもキャッシング申し込みが可能となります。

 

アルバイト、派遣社員、パート、正社員、公務員、と何らかの職に就いており安定した収入がある事が条件となります。
主婦でも無い無職の人物は借り入れができません。

 

身分証明書類ですが、運転免許証やパスポートとなります。

自分の顔写真つきの身分証明書ですとより信頼性が増します。

 

収入証明書類ですが、希望金額により必要になります。

五万円、十万円、といった低額を希望する場合は収入証明書類が必要になる事はあまりありません。

 

五十万円以上の借り入れを希望する場合は、収入証明書類の提出を要求される事があるので用意しておきましょう。
働いている、成人済み、身分証明書類を所持している、との条件をクリアできれば大抵の人が借り入れ可能となります。

 

インターネットから申し込む場合は身分証明書類はカメラで撮影し送信ができますし、無人機からの申し込みの場合でもスキャナで送信ができます。
年齢ですが、定年退職後などのかなりの高齢者となるとキャッシング機関によっては借り入れができなくなりますので注意しましょう。

 

申し込み書類ですが、店頭申込みの場合はその場で受け取れますし、インターネット申し込みの場合はインターネットサイトに必要事項を書き込む事で書類が出来上がります。