本人確認書類の提出で確認しておくべきこと

消費者金融でお金を借り入れる場合、キャッシングの申し込みをすることになります。

キャッシングの申し込みに際しては、審査が行われているのですが、審査に通過するためには、しっかりと準備をしておく必要があります。さまざまな書類の提出を求められるので、あらかじめ用意しておかなければなりません。

 

キャッシングを取り扱っている消費者金融は多数ありますが、用意しなければならない書類については、共通しているものが多いです。

そのため、どの消費者金融のキャッシングを利用するかを考える前に、確実に必要となる書類を用意しておくのが望ましいです。

まず、本人確認書類を提示することが必須となります。本人確認書類として認められるのは、運転免許証、健康保険証、パスポートです。

このうち、運転免許証を提示するのが最も確実です。

 

ここで気をつける必要があるのは、本人確認書類に記載された住所が現住所と異なっている場合です。

 

この場合、本人確認書類だけではなく、現住所を確認することのできる書類が必要です。

国税・地方税の領収書、社会保険料の領収書、住民票の写し、などが挙げられます。

 

借り入れる金額によっては、収入を証明する書類も必要とされます。

最新の源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などが該当します。

 

給与明細書の場合は、直近2ヶ月分など、一定期間の分を求められることが多いです。

申し込みをする消費者金融に問い合わせておくと確実です。