キャッシング利用で必要なものとは?

ctr033a-s「キャッシング」という言葉を聞いたことはあっても、「実際に利用したことはない・・」という人がたくさんいるはずです。

そんなキャッシング初体験の人がキャッシングを利用するためには、いったいどんな物が必要なのでしょうか?

 

キャッシングをするときに必ずと言って良いほど必要になるのは「本人確認書類」です。

本人確認書類と書くととても堅苦しいように思えてしまいますが、要は身分証明証のことです。

それは、たとえば「運転免許証」、「健康保険証」、「パスポート」、さらには「公共料金の領収書」なども場合によっては身分証明証として認められる場合があります。

 

お金を貸す側としては、どんな人なのかその身元がしっかりわかっていないと、さすがに融資することができませんので、身分証明証だけは必ず用意してからキャッシングに臨むことを強くオススメします。

 

また、借り入れ希望金額が50万円以上の場合には、収入証明書が必要になる場合もあります。

借り入れ希望金額が大きいのに返すアテがないというのでは貸す側も困ってしまいますので、きちんと収入の見込みがあるのかどうかを確認するために見せる書類です。

これは、源泉徴収票、給与明細、地方自治体に支払う納税額通知書などが収入証明書として通用します。

初めてのキャッシングでそこまで多額のお金を借りることは稀でしょうが、覚えておいて損はないでしょう。

 

キャッシングをするときにはまず身分証明証、そして場合によっては収入証明書が必要になるということを覚えておいてください。