収入がある成人済みのかたなら審査を受けられます

結論から言うと、大学生であっても一般的な貸金業者のキャッシングサービスや金融業者のカードローンでお金を借りることが可能です。お金を借りる際に審査のポイントになるのは、年齢と安定した収入の有無になります。

 

キャッシングやカードローンの審査は20歳以上が対象になり、たとえアルバイトやパートであっても継続的に収入を得ることができていればお金を借りることが可能です。逆に言えばどちらかが満たされていない場合には借入が難しくなりますが、大学3回生であれば継続したアルバイト収入がある場合にはほぼ問題なく借り入れができるでしょう。

 

審査時には身分証明書、学生証のコピーや場合によっては年収を証明するものが必要になりますが、成人していることで親の同意なしに独断で申し込みを行うことが可能ですし、将来就職活動を行う際に借入れ履歴があっても不利になることはありませんから安心してください。
ただし、必ずしも審査に通過するとは限りません。

 

何らかの金融事故を起こした経験がある、一度に何社もキャッシングの申し込みをしている場合には難しくなりますが、初めての借り入れであればよほどのことがない限り借りられます。早ければ即日審査が通りますので、それ以降はいつでも利用が可能です。

 

しかし、学生の身分でなおかつアルバイト程度の収入でしたら、借り入れ金額と金利を含めた返済金額のバランスをよく考えて頻繁な利用は控えるべきです。くれぐれも計画的に、いざという時だけ使うように心がけてくください。

借入時求められる身分証明書

キャッシングでお金を借りる時に求められる運転免許証の提示は、本人確認を目的として行われているものです。申し込み書類に記入した名前や住所が正しいのかどうか、銀行やカードローン会社は免許証と照らし合わせて確認します。

 

本人の確認ができない相手に、サービスはお金を貸しません。返済が滞った場合に、名前や住所が正しいものでなければ、滞納を抗議することもできないからです。身分の証明を拒む人間は、収入のない人間と同じように、キャッシングサービスは返済能力のない者と考えます。

 

運転免許証自体は身分を証明する手段であって、必須の書類というわけではなく、同じように名前や住所が申告とあっていることを証明できる書類があれば代用は可能です。最も互換性が高いのは、名前やアドレスに加えて顔写真も掲載されているパスポートで、パスポートを提示できさえすれば、運転免許証の所有が問われることはありません。

 

同様に本人確認書類としてみなされるものに健康保険証がありますが、こちらは顔写真がないので、住民票や住民台帳基本カードなどのサポートの書類が必要となることもあります。健康保険証のみでOKとされるケースがほとんどですが、借り入れ希望額が大きい場合などは、確実に住民票まで揃えておくと安心です。

 

借り入れ時には本人確認書類の他に、収入証明も求められるので、そちらの準備もしておきましょう。職場からもらえる源泉徴収票や、役所から受け取れる課税証明書などがそれに当てはまります。

18~19歳はキャッシングできるの?

キャッシングに申し込みをする際、絶対に必要になるのが20歳以上との成人済みである年齢と、身分証明書類です。
原則、20歳以上でなければキャッシング申し込みができません。

 

18~19歳は不可能なのです。
20歳以上であれば学生でもフリーターでもキャッシング申し込みが可能となります。

 

アルバイト、派遣社員、パート、正社員、公務員、と何らかの職に就いており安定した収入がある事が条件となります。
主婦でも無い無職の人物は借り入れができません。

 

身分証明書類ですが、運転免許証やパスポートとなります。

自分の顔写真つきの身分証明書ですとより信頼性が増します。

 

収入証明書類ですが、希望金額により必要になります。

五万円、十万円、といった低額を希望する場合は収入証明書類が必要になる事はあまりありません。

 

五十万円以上の借り入れを希望する場合は、収入証明書類の提出を要求される事があるので用意しておきましょう。
働いている、成人済み、身分証明書類を所持している、との条件をクリアできれば大抵の人が借り入れ可能となります。

 

インターネットから申し込む場合は身分証明書類はカメラで撮影し送信ができますし、無人機からの申し込みの場合でもスキャナで送信ができます。
年齢ですが、定年退職後などのかなりの高齢者となるとキャッシング機関によっては借り入れができなくなりますので注意しましょう。

 

申し込み書類ですが、店頭申込みの場合はその場で受け取れますし、インターネット申し込みの場合はインターネットサイトに必要事項を書き込む事で書類が出来上がります。

初めて女性がキャッシングをする際に用意する物は?

フリーターやOL、パートをしている主婦は、自分一人でそれなりに稼げるものですが、急な出費が続くとさすがに財布の中身が乏しくなっていくので、そんなときはキャッシングを利用することをおすすめします。

 

今は消費者金融の中にも低金利で利用出来るところがあるので、これから申し込む方は事前にきちんと金利を調べてから、借りるところを選ぶようにしましょう。

 

初めて女性がキャッシングをする際に必要なものは、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類になります。
それを見れば、住所、氏名、年齢等が確認できるので、ローン会社側も安心してお金を貸し出せるというわけです。

 

もし免許証や保険証などを持っていない場合は、住民票やパスポートでもかまわないですし、学生の場合は学生証の提出を求められることがあるので、申し込みを行うときは用意しておいてください。

 

他にも、借入する金額によっては収入証明書が必要な場合もあります。
この金額はローン会社によって違いがありますが、少額融資の場合はほとんど必要ないので、数万円程度を借りるつもりなら、あまり気にする必要はないでしょう。

 

担保や保証人のようなものは用意しなくてもよいので、お金がなくなって困ったときは、いつでも気軽に電話やインターネットを使って申し込んでください。

 

女性がキャッシングをしたいときは、受付や電話応対をすべて女性スタッフが担当している、女性専用ローンを利用すると、気楽に申し込めるはずです。

キャッシング利用で必要なものとは?

ctr033a-s「キャッシング」という言葉を聞いたことはあっても、「実際に利用したことはない・・」という人がたくさんいるはずです。

そんなキャッシング初体験の人がキャッシングを利用するためには、いったいどんな物が必要なのでしょうか?

 

キャッシングをするときに必ずと言って良いほど必要になるのは「本人確認書類」です。

本人確認書類と書くととても堅苦しいように思えてしまいますが、要は身分証明証のことです。

それは、たとえば「運転免許証」、「健康保険証」、「パスポート」、さらには「公共料金の領収書」なども場合によっては身分証明証として認められる場合があります。

 

お金を貸す側としては、どんな人なのかその身元がしっかりわかっていないと、さすがに融資することができませんので、身分証明証だけは必ず用意してからキャッシングに臨むことを強くオススメします。

 

また、借り入れ希望金額が50万円以上の場合には、収入証明書が必要になる場合もあります。

借り入れ希望金額が大きいのに返すアテがないというのでは貸す側も困ってしまいますので、きちんと収入の見込みがあるのかどうかを確認するために見せる書類です。

これは、源泉徴収票、給与明細、地方自治体に支払う納税額通知書などが収入証明書として通用します。

初めてのキャッシングでそこまで多額のお金を借りることは稀でしょうが、覚えておいて損はないでしょう。

 

キャッシングをするときにはまず身分証明証、そして場合によっては収入証明書が必要になるということを覚えておいてください。

キャッシング方法は店頭・電話・ネットの3つが主流

消費者金融のテレビCMなどが増え、キャッシングは誰でも気軽に利用出来るようなものとなりました。

 

しかし、初めて利用するという方は、「どのような条件が必要なのか」、「書類などの記入はあるのか」、「そもそもどうやって申し込めば良いのか」といったことはわからないかと思います。
イメージは軽くなったとはいえ借金なのは違いませんから、人に聞くのも憚られるということもあるでしょう。

 

先にも述べた通り、キャッシングは今は基本的に誰でも利用することが出来ます。
条件なども厳しくはなく、少額であれば保証人や担保も必要ありません。

 

基本的にキャッシングに必要な条件というのは「定期的な収入があること」です。
女性でもパートやアルバイトなどで定期的な収入があったり、専業主婦であっても旦那さんの承認があれば利用することが可能です。
それさえクリア出来ていれば、まず借りられないということは無いはずです。

 

次に書類などの記入に関してですが、最近ではネットから申し込みが可能で書類の記入などが完全に無い場合もあります。
これに関しては申し込む会社によって異なりますので一概に言えませんが、書類の記入なども特別難しい物というわけではありません。
住所・氏名・電話番号・家族構成・職業・年収といったことを記載していくだけです。

 

申し込み方法は、「店頭」・「電話」・「ネット」の3つが主流となっています。
スマホなどからも申し込みが出来るので、店頭などに行きたくなければネットで申し込める所を選ぶと良いでしょう。

 

顧客獲得のために、貸金業界のシステムはとにかく簡略化されて、誰でも利用出来るくらいになっています。
物怖じせず、まずは申し込みをしてみればすんなりと借りられることでしょう。

本人確認書類の提出で確認しておくべきこと

消費者金融でお金を借り入れる場合、キャッシングの申し込みをすることになります。

キャッシングの申し込みに際しては、審査が行われているのですが、審査に通過するためには、しっかりと準備をしておく必要があります。さまざまな書類の提出を求められるので、あらかじめ用意しておかなければなりません。

 

キャッシングを取り扱っている消費者金融は多数ありますが、用意しなければならない書類については、共通しているものが多いです。

そのため、どの消費者金融のキャッシングを利用するかを考える前に、確実に必要となる書類を用意しておくのが望ましいです。

まず、本人確認書類を提示することが必須となります。本人確認書類として認められるのは、運転免許証、健康保険証、パスポートです。

このうち、運転免許証を提示するのが最も確実です。

 

ここで気をつける必要があるのは、本人確認書類に記載された住所が現住所と異なっている場合です。

 

この場合、本人確認書類だけではなく、現住所を確認することのできる書類が必要です。

国税・地方税の領収書、社会保険料の領収書、住民票の写し、などが挙げられます。

 

借り入れる金額によっては、収入を証明する書類も必要とされます。

最新の源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などが該当します。

 

給与明細書の場合は、直近2ヶ月分など、一定期間の分を求められることが多いです。

申し込みをする消費者金融に問い合わせておくと確実です。