水商売も仕事として扱われるので借りれます

水商売は、店に所属していることには変わらないので、アルバイト扱いで仕事をしていることになります。バイトをしていることは、仕事をしていると判断されますので、収入を持っていればお金を借りることができます。

 

1つだけ注意しなければならないのが、水商売は不定期収入と扱われることがあり、余程持っていないと定期的な収入を持っていない扱いで審査落ちがあります。指名を多く貰っているなどして、稼げるような状況になっているなら、水商売でも問題はありません。

 

仕事をしているかの判断は、在籍していることを証明することになります。仕事先に連絡を入れられるので、説明しておくことも大事です。場合によっては、源氏名を言わないと対応してくれないこともあるので、ローンなどの説明で連絡があるかもと話しておけば、店側も納得してくれます。後は在籍確認の問題さえクリアしていれば、お金を借りることができるチャンスは生まれます。収入に問題がなく、返済できる状況を作ってしまえば、何も言われません。

 

意外と水商売は借りられないと言われますが、消費者金融に限って言えばその状況は起こりません。仕事をしていることが分かって、収入から返済されることが予想できるなら、ほぼ利用可能にしてくれます。利用可能な枠については、現時点で稼いでいる収入や、1年間の年収による判断を受けることとなります。かなり稼ぎを持っているなら、高額な借入も容易にできるようになります。