障害者でもお金を借りる事ができるかどうか?

障害者の方でもお金を借りないといけない場合もあります。
ですが、実際に障害者の方がお金を借りようと思った時に気になるのが障害者でもお金を借りる事ができるかどうかというのがあります。

 

確かに障害者だと健常者とは違ってなかなかお金を借りれないというイメージがあるかと思います。

ですが、障害者だからと言ってお金を借りれないという事はないです。実際は障害者の方でもお金を借りれる方法はあります。

 

では、実際に障害者の方がお金を借りようと思った時にどういう方法があるのかというと、一番に考えるべきは公的機関からお金を借りる方法を考えるのが良いです。

それが一番金利が安くお金を借りる事ができるのでおすすめです。その時に利用する事になるのが生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りるという方法があります。

 

これなら連帯保証人がいれば無利子でお金を借りれますし、連帯保証人がいなくても1.5%という低金利でお金を借りれます。

そして、この制度を使ってお金を借りようと思った時は障害者手帳等が必要になります。

 

また、公的機関を利用してお金を借りるとはいえ返済する必要があるので定職に就いている必要があります。

また、これ以外にも障害年金を受けていれば障害年金を担保にして福祉医療機構からお金を借りる事もできます。

 

ですから、意外と障害者の方でもお金を借りる事はできます。
もちろん、従来の消費者金融を利用してお金を借りる事もできますが、その際には定職に就いていて安定収入がある事と、契約内容を本人が理解できているという事と家族と一緒に暮らしているという条件があれば消費者金融からお金を借りる事も可能です。