フリーランスはキャッシングの審査に通るのか?

職業形態の中でも少し特殊なのがフリーランスのような個人事業主です。
事業の運転資金が必要になることがあるフリーランスは手続きに時間のかかる銀行融資よりも、即日対応可能な消費者金融を借り入れの候補として考えることもあるでしょう。

 

結論から言えばフリーランスでもキャッシングを利用することはできます。審査さえ通れば他の職業の方と同様に利用可能枠の中でお金を借りることが可能です。
ただし問題となってくるのはやはり、フリーランスが審査を通過できるかどうかという点です。

 

消費者金融の審査で再重視されるのは収入が安定的かということです。あくまで安定的なのかが重要であって収入の絶対値が問われるわけではありません。

 

つまりこれまで高い収入を得てきたような凄腕のフリーランスでも、業者からするとそれほど信頼できる相手とは限らないのです。サラリーマンや公務員のほうが業者にとっては好ましい取引相手です。

 

もちろん職業が不安定だからという理由だけで審査に落とされるということは考えにくいです。個人事業主でもキャッシングを利用している人はたくさんいます。
注意したいのは営業を始めたばかりの事業主は審査に通る可能性が低くなるということ、たとえ審査に通過しても始めは10万程度の低い額から融資が開始されるということです。

 

比較的審査に通りやすいのは長年仕事を続けているフリーランスです。仕事が続いているということは安定性を示す要素の一つですから、今すぐお金が必要という場合でなければまずは仕事を続けて社会的信頼を上げましょう。