年金受給者が融資を受ける方法とは

年金受給者の方が、どうしても欲しいものがあり購入資金が足りないという場合は、条件によってはカードローンを利用することにより融資を受けることが出来ます。

 

まず、年金受給者ですので年齢が高齢なのがネックになる場合がありますので、金融機関によって異なるカードローン利用可能な対象年齢を確認するのがポイントです。
銀行系カードローンでは、利用可能な対象年齢を60才から65才程度の方までに設定しているところが多くなっています。

 

消費者金融の場合は、69才に設定しているところがありますので、60代後半の方は、消費者金融、それ以外の方は銀行系カードローンへの申し込みをおすすめします。
対象年齢をクリアしていても、収入が年金のみの場合は融資を行っていない金融機関もあります。

 

銀行系カードローンで年金のみの収入の方でも利用できる金融機関がみずほ銀行です。
みずほ銀行は誰もが知っている大手銀行ですので、年金しか収入源が無い方で年齢制限に引っかからない方が融資を受けるには最適と言えます。

 

消費者金融の場合は、総量規制の対象になるため前年度の年収の三分の一を超える金額の融資は受けられませんが、銀行系カードローンはその対象外ですので、それより多くの融資も審査が通れば受けることが出来ます。

 

みずほ銀行のカードローンはインターネット上から申し込むことが出来ますし、即日審査が行われます。
そのため、すぐにお金を借りたいという方に適したカードローンと言えるでしょう。