収入がある成人済みのかたなら審査を受けられます

結論から言うと、大学生であっても一般的な貸金業者のキャッシングサービスや金融業者のカードローンでお金を借りることが可能です。お金を借りる際に審査のポイントになるのは、年齢と安定した収入の有無になります。

 

キャッシングやカードローンの審査は20歳以上が対象になり、たとえアルバイトやパートであっても継続的に収入を得ることができていればお金を借りることが可能です。逆に言えばどちらかが満たされていない場合には借入が難しくなりますが、大学3回生であれば継続したアルバイト収入がある場合にはほぼ問題なく借り入れができるでしょう。

 

審査時には身分証明書、学生証のコピーや場合によっては年収を証明するものが必要になりますが、成人していることで親の同意なしに独断で申し込みを行うことが可能ですし、将来就職活動を行う際に借入れ履歴があっても不利になることはありませんから安心してください。
ただし、必ずしも審査に通過するとは限りません。

 

何らかの金融事故を起こした経験がある、一度に何社もキャッシングの申し込みをしている場合には難しくなりますが、初めての借り入れであればよほどのことがない限り借りられます。早ければ即日審査が通りますので、それ以降はいつでも利用が可能です。

 

しかし、学生の身分でなおかつアルバイト程度の収入でしたら、借り入れ金額と金利を含めた返済金額のバランスをよく考えて頻繁な利用は控えるべきです。くれぐれも計画的に、いざという時だけ使うように心がけてくください。