借入時求められる身分証明書

キャッシングでお金を借りる時に求められる運転免許証の提示は、本人確認を目的として行われているものです。申し込み書類に記入した名前や住所が正しいのかどうか、銀行やカードローン会社は免許証と照らし合わせて確認します。

 

本人の確認ができない相手に、サービスはお金を貸しません。返済が滞った場合に、名前や住所が正しいものでなければ、滞納を抗議することもできないからです。身分の証明を拒む人間は、収入のない人間と同じように、キャッシングサービスは返済能力のない者と考えます。

 

運転免許証自体は身分を証明する手段であって、必須の書類というわけではなく、同じように名前や住所が申告とあっていることを証明できる書類があれば代用は可能です。最も互換性が高いのは、名前やアドレスに加えて顔写真も掲載されているパスポートで、パスポートを提示できさえすれば、運転免許証の所有が問われることはありません。

 

同様に本人確認書類としてみなされるものに健康保険証がありますが、こちらは顔写真がないので、住民票や住民台帳基本カードなどのサポートの書類が必要となることもあります。健康保険証のみでOKとされるケースがほとんどですが、借り入れ希望額が大きい場合などは、確実に住民票まで揃えておくと安心です。

 

借り入れ時には本人確認書類の他に、収入証明も求められるので、そちらの準備もしておきましょう。職場からもらえる源泉徴収票や、役所から受け取れる課税証明書などがそれに当てはまります。