専業主婦もOK!銀行カードローンなら一般的に30万円までなら借り入れ可能!

消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングを契約する際、『安定した収入があること』という条件があって、専業主婦の場合、無職となってしまうため契約が出来ません。
しかし、貸金業者以外から借り入れすることは可能であり、一番有力で金利も低いのが銀行カードローンです。

 

常日頃から利用している銀行でも契約でき、融資条件としては『配偶者に安定した収入があること』が条件となっています。
融資限度額が30万円少額でありながら、金利は14~15%で借り入れが可能であり、カードローンによってはより金利の低いケースもあります。

 

30万円の融資限度額であれば、『今月はちょっと厳しい』といった時、生活費の足しにすることも可能ですし、家電製品が故障してボーナスまでは苦しいといった時でも対応が可能です。
銀行カードローンの場合、口座を開設しているため、本人確認も不要であり、旦那さんの収入を記載するだけで済みます。

 

また、インターネット上で契約を申し込めば、簡単に申し込みが可能であり、家事の合間にパソコンやスマートフォンから契約をするだけで済むといったWEB完結型のカードローンもあります。

 

この場合、キャッシュカードにキャッシング機能を追加するだけで済むこと、口座残高が不足した際に自動的に融資を行って貰えるなど、ついうっかりで支払延滞といったことも防げます。
専業主婦でもカードローンの契約はできるため、検討される場合は常に利用するメインバンクで申込みをするのが非常におすすめです。

 

これならば、銀行との取引情報があり、しっかりと公共料金などの支払を行っていると審査結果にもプラスに働きます。