生命保険を担保にお金を借りられるかという質問について

まず、生命保険が担保になり得るのかということですが、生命保険は担保になります。
では、生命保険を担保にお金を借りることはできるのでしょうか。答えはイエスです。加入している生命保険はあれば、それを担保にしてお金を借りられます。ただし、借りられるのは加入している生命保険会社からです。

 

このように、生命保険を担保にしてお金を借りる制度を契約者貸付制度と言います。
どのような制度かというと、生命保険の契約者が解約返戻金を担保にして、保険会社から融資を受けるというものです。解約返戻金とは、生命保険を解約する時に保険会社から払い戻されるお金のことを言います。

 

会社や保険の内容にもよりますが、基本は解約返戻金の8〜9割ぐらいのお金が借りられると思ってください。嬉しいのは、審査などがなく無条件でお金を貸してもらえるということ。返済期日や延滞へのペナルティもないことです。ただ、保険によっては解約返戻金がない場合もあるので、それはご自分の保険がどうなっているかを確認すると良いでしょう。解約返戻金がない場合は借りられません。

 

解約返戻金がある保険は貯蓄性のあるものほとんどで、終身保険や養老保険、学資保険などがあります。
この制度であれば、通常のカードローンよりも低金利で保険会社からお金を借りることもできるんですよ。ちなみに生命保険は解約せず、そのまま契約したままで大丈夫です。借り過ぎたりなかなか返済できずに、解約にならないように気をつけましょう。