担保があればお金を借りられる郵便局

貯金をしたり支払いをしたりと身近な存在である郵便局でお金を借りることが出来たら便利だと感じるものですね。郵便局でお金を借りることは可能ですが、これにはちょっとした条件があります。

 

その条件とは担保定額貯金、担保定期貯金、各種財産形成定額貯金を利用しているかどうかという点です。
これらの定期、定額貯金を担保とすることでお金を借りることが出来るようになります。また、担保定額貯金や担保定期預金を利用している場合には通常貯金の口座で残高不足などがあった際に足りない分を自動貸付として借りることも可能です。

 

これらの貸付け方法は預入金額にその利子を加えた90%までで最高は300万円までと決められていますが、貸付けの日から二年間という期間があるため比較的余裕を持って借りることが出来るかと思います。貸し付けの手続きもゆうちょ銀行や郵便局の窓口で行うことができ、返済も同じ方法で可能です。気になる貸付利率は返済時の約定利率に0.25%を上乗せしたものになります。

 

その他の方法として郵便局で購入した国債を担保とすることで利用できる貸し付けもあります。これは額面金額の80%までとされており、最高で200万円という上限があります。貸付期間も1年と少し短くなっており利子も高めに設定されています。

 

担保があれば気軽に利用できるため非常に便利なものですが、その反面ついつい頼ってしまいがちになります。どうしても困ったときに利用するといったようにしっかりとお金の管理をしておきたいものですね。